釣り日記のエントリィ

そこら中にわいてるちっさいベイトの巨大なスクールについたバスを
如何に効率よく釣るか。

ちょいちょい考えたあげく、メタルワサビー4gでスクールを散らす、
というまことにオーソドックスな解答に辿り着きまして。

釣り方としては、フローティングカバーにピッチしてフォールで食わす、
もしくは宙層でレンジを合わせてゆっくりリフト&フォールする、だけ。
カラーはシルバー系のもの。(これは単に好みなだけ)
オレ的に大変面白く、しかもひょいひょい釣れるので
9月〜11月アタマまで毎週やっておりました。

( ̄ー ̄) ...特にこれといういい魚が釣れたわけでもないんだけれどね。

9月の柴田カップでは吉野の最奥で相当ビッグな魚を掛けるも、
猛ダッシュされたあげく巻かれるという大失態。
木化けしただけで済んだので良しとしよう。

ラインをPEにしてみたりロッドを換えてみたりと毎週試行錯誤しながら続ける。

10月の柴田カップでは少しレンジが落ちたもののなんとかキーパーキャッチ。

しかし気温・水温ともに下がり、表層のベイトも少なくなるにつれ厳しくなる。
2〜5mレンジでバイトが出なくなったな〜と思った頃に
常連のムシキングからブレイクの釣りを教わる。

深いしボトムだし枝とかいっぱい沈んでるしでさすがにメタルジグだといくつあっても足りないのでメタルワサビー4gの出番は減り、より重いウエイトのジグかメタルバイブにシフト。

最近では「いないとは思うけどもしかしてフローティングカバーについてませんか?」
という場面でのみ登場。
来シーズンはアフター復活あたりから使ってみよう。
そして売ってるうちに買い込んでおこう...
                        「メタルワサビー4gとワタクシ」終わり


さて11月の柴田カップ前プラではこのブレイクの釣りが当たり速攻リミットメイク。
しかし船団となった本番では狙っていたスポットを撃てず、
まわりをウロウロしてなんとか1キャッチ1バラシ。
船団のなかメタルバイブとダウンショットできっちり揃えた選手が優勝。

翌週に予定されていた地元釣りクラブの今季最終戦はもうこのエリアに決まり。
とはいっても勝瀬橋下っていう大場所なのでみんな来るだろうけど(笑

とうことで続く。

<最終的なワサビー4g用タックル>
Nories Road Runner Voice 5100LS + TD-IGNIS 2506 PE0.8号 リーダー7lbフロロ

メタル(Not ヘビー)

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012年12月16日(日)晴れ 水温7℃台後半〜8℃台前半

お久しぶりです(さらりとw)なんだか暖かな早朝。
前日まで-5℃とかだったそうだがこの日は4℃。

天水波消しから釣りスタート。
表層はジョイクロ、ボトムは久々のホプキンスが担当。
チェイスも何も無く、岬へのカケアガリにさしかかるあたり、
7〜8m位だろうか。

フォールさせたホプキンスショーティ1/2ozが着底した瞬間コンッ。
聞いてみるとどうやら魚っぽいのだがたいして引かないのでサイズも良く分からず。
まあそこそこナイスなバスが釣れました。

20121216_1.jpg

42〜43cm位かな、キロはあるでしょ。
7時半とかそんな時間だったかと。


一息ついてハっと気付けば風も無く霧で真っ白に。

20121216_2.jpg


周辺をしばらくやるが反応なしなのでそろそろと勝瀬橋をくぐって揚沢あたりへ。
フラッターさんの大会が開催されていて霧の中結構ボートが浮いている。

先週も2時間くらい粘った同じとこをフットボールとリトルマックスでしばらく釣るが反応なし。

...つか朝の一匹から14時過ぎにニゴイが釣れるまで一切の反応は無かったわけですが(笑

この秋から、メタルジグといえば軽いのから重いのまでノリーズ・メタルワサビーを使っていたがこの日は朝からホプキンス・ショーティの1/2oz。

この辺の使い分けについては秋口からの釣りを振り返りつつ、
次回以降に書いてみようかと。


<ヒットルアー&タックル>
Kistler Z-Bone LE 2 M 66 + TD-ITO 103HL with Zanshin Handle + フロロ12lb
Hopkins Shorty 1/2oz silver

日刊もまとめて(笑

| コメント(0) | トラックバック(0)

日刊スポーツフィッシングサーキット・ブラックバスの部決勝戦が
新利根川・松屋さんで行われました。

新利根川は過去に1度しか行ったことないし、
キーパー1匹釣っただけだったのでさすがに不安を覚えw
2回ほどプラに入る。

まずは9/1、WBSの金光プロにお願いしてスノヤワラを案内してもらいました。
その模様はざっくりこちらにw
でればサイズが良いということで真珠棚をはじめ色々なスポットを教えて貰う。
まさに他力本願w
fr_1087_size640.jpg

快適バスボートの釣りでしたが、釣り自体は渋くて2バイト1キャッチ、サイズいまいち。
午前中で上がったため帰り道は渋滞もなく常磐道・守谷SAで納豆買って帰るw
パイセンありがとう。またよろしくお願いしますです。


仕事がヒマなのをいいことに9/5に休みをとって2回目のプラ。
松屋さんから出船、川を上がってみる。
上流方面一発目のベンドのアウトサイドをシャローロールで撃っていくと、
コンクリの柱みたいなのにぶつけた瞬間バイト。
fr_1100_size640.jpg
こんな感じのとこね。

これが5本揃ったらまあいいよね、なサイズがくる。
fr_1099_size640.jpg

そのまま川を上がっていくがミンコタ55lbでは時間がかかってしょうが無い。
ガンガン暑くなってくるし、バスも全く釣れないし。
昼過ぎまでチェックして、休憩。

名物・もつ煮込み定食をいただいたあと、
松屋付近でキーパーかつかつ1匹釣れただけで暑さに負けてプラ終了。
常磐道・守谷SAで納豆買って帰る。

やっぱり機動力はあった方がよいので、予定通りツアー82lbを地元釣りクラブの中心メンバー、
うちから徒歩2分のとこに住んでる近所のオノくんに借りて決勝に臨む。
(ついでにカラー魚探とバッテリーも貸して貰った。ありがとうオノくんw)

fr_1103_size640.jpg
朝は良かったよ、まだ涼しげだったよ...

さて迎えた決勝当日。
スタートから1時間程度シャローロールを巻き、
その後スノヤワラでビッグをキャッチ!というザックリしすぎな作戦でもって
決勝スタート。

シャローロール、巻く、巻く、巻く...
...反応なし、つか暑すぎだし、風も無い。

アシが結構張り出しているところにさしかかったのでシェイドを撃ってみる。
パワーホッグ3インチの5gテキサスをシェイドにいれ、
ゆるやかな流れにのせて放置気味に送り込むと、ラインが加速。
ジャストキーパーが釣れる。

そのまま同じようなシェイドを撃つと、2〜3箇所目でまたラインが走る。
300ちょい位のが釣れる。

そのまま押し通していれば勝てないまでもリミット揃える位はいけたかもしれないのに、
釣れたこともなく釣り方もよく分かってないスノヤワラに夢を見に行ったのが大間違い。
加えて、崩れるという予報に反して汗が止まらないくらいの暑さ。
(注:このへんは個人差あります)

結局2匹560gでただの人でした。
優勝はリミットメイクの2500オーバー、さすが地元勢強し!でしたね。
相模湖とは全く違う釣り場だし、エンジンで移動しながら釣りしたら面白そうだな。

うちからだと中央環状〜6号三郷線〜常磐道〜圏央道で1時間半かからずに着くんだけど、
あの土手からのセッティングが...

猛暑のなか土手を登り降りしながら片付けてたら暑さにやられて、
クラクラして煮込み定をいただくどころではなかったのが大変心残りですw

<ヒットルアー&タックル>
Nories Road runner HB630M + TD-Z 103H改 + フロロ14lb
クリスタルS シャローロール3/8oz チャート/ホワイト

Kistler MIC-HE69MHC + Steez 103HL + FCスナイパーBMS14lb
パワーホッグ3インチ(グリパン)5gテキサスリグ

1234567891011


月別エントリィ一覧

リンク用バナー

プロフィール

ID:yamadesign

週1、もしくは2週に1回のペースで季節問わず相模湖に通っています。ただのバス釣り好きな人です。

※バス釣り業界関係者ではありません
※柴田ボートのホームページを作成・管理していますが柴田ボートの中の人ではありません

最近のコメント