メタルワサビー4gとワタクシ

| コメント(0) | トラックバック(0)

そこら中にわいてるちっさいベイトの巨大なスクールについたバスを
如何に効率よく釣るか。

ちょいちょい考えたあげく、メタルワサビー4gでスクールを散らす、
というまことにオーソドックスな解答に辿り着きまして。

釣り方としては、フローティングカバーにピッチしてフォールで食わす、
もしくは宙層でレンジを合わせてゆっくりリフト&フォールする、だけ。
カラーはシルバー系のもの。(これは単に好みなだけ)
オレ的に大変面白く、しかもひょいひょい釣れるので
9月〜11月アタマまで毎週やっておりました。

( ̄ー ̄) ...特にこれといういい魚が釣れたわけでもないんだけれどね。

9月の柴田カップでは吉野の最奥で相当ビッグな魚を掛けるも、
猛ダッシュされたあげく巻かれるという大失態。
木化けしただけで済んだので良しとしよう。

ラインをPEにしてみたりロッドを換えてみたりと毎週試行錯誤しながら続ける。

10月の柴田カップでは少しレンジが落ちたもののなんとかキーパーキャッチ。

しかし気温・水温ともに下がり、表層のベイトも少なくなるにつれ厳しくなる。
2〜5mレンジでバイトが出なくなったな〜と思った頃に
常連のムシキングからブレイクの釣りを教わる。

深いしボトムだし枝とかいっぱい沈んでるしでさすがにメタルジグだといくつあっても足りないのでメタルワサビー4gの出番は減り、より重いウエイトのジグかメタルバイブにシフト。

最近では「いないとは思うけどもしかしてフローティングカバーについてませんか?」
という場面でのみ登場。
来シーズンはアフター復活あたりから使ってみよう。
そして売ってるうちに買い込んでおこう...
                        「メタルワサビー4gとワタクシ」終わり


さて11月の柴田カップ前プラではこのブレイクの釣りが当たり速攻リミットメイク。
しかし船団となった本番では狙っていたスポットを撃てず、
まわりをウロウロしてなんとか1キャッチ1バラシ。
船団のなかメタルバイブとダウンショットできっちり揃えた選手が優勝。

翌週に予定されていた地元釣りクラブの今季最終戦はもうこのエリアに決まり。
とはいっても勝瀬橋下っていう大場所なのでみんな来るだろうけど(笑

とうことで続く。

<最終的なワサビー4g用タックル>
Nories Road Runner Voice 5100LS + TD-IGNIS 2506 PE0.8号 リーダー7lbフロロ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamadesign.com/mt/mt-tb.cgi/289

コメントする

月別エントリィ一覧

リンク用バナー

プロフィール

ID:yamadesign

週1、もしくは2週に1回のペースで季節問わず相模湖に通っています。ただのバス釣り好きな人です。

※バス釣り業界関係者ではありません
※柴田ボートのホームページを作成・管理していますが柴田ボートの中の人ではありません